ホームトピック一覧Yahoo!登録の審査に漏れてしまったけど、どうしたらいいの?

Yahoo!登録の審査に漏れてしまったけど、どうしたらいいの?

更新情報

2004年2月18日より、アメリカのYahoo!は独自の検索サービスを開始し、日本のYahoo!でも、6月1日より同じシステムが導入されました。この事によって、Googleに登録されただけでは、Yahoo!の検索結果に表示されなくなりました。詳細は2004年7月号  をご覧下さい。

以下は2003年1月配信の「The Answers」です。

  残念ながらYahoo! Japanの審査に漏れてしまったり、検索結果の順位に不満がある場合は、Google  に登録してみましょう。通常Yahoo! Japanの検索結果は、ダイジェストとして、「サービス」、「カテゴリ」、及び「登録サイトとの一致」が表示されます。でも、検索結果のページに有る「ページ」と示されたリンクをクリックするか、Yahoo! Japan独自のディレクトリーに合致するサイトが無い時は、「ページとの一致」として、Googleの検索結果が表示されます。ですから、Googleの検索結果の上位に載っていれば、Yahoo! Japanに登録されていなくても、かなりの訪問者をYahoo! Japanから得られます。

  更に、昨年の11月にYahoo! Japanが、GoogleとOverture  の検索結果を使用するという契約が結ばれました。又、本家アメリカのYahoo!では、既にGoogleの検索結果が全面的に使用されているので、今後、Googleへの登録がより重要になるでしょう。

  なお、現在Yahoo! Japanへの登録には、いつになるか分からない無料の「通常のサイトの推薦」と1週間以内に審査が行なわれる52,500円の「ビジネスエクスプレス」とが有ります。今回の質問の様に、5万円払ったからと言って登録が保障されるわけではなく、たとえ登録されても検索結果の下位にランクインされたら、訪問者数は限られてしまうので、5万円は高いと感じるのなら、無理に「ビジネスエクスプレス」で登録する必要はありません。(でも、2~3ヶ月ぐらい待たされる覚悟は必要です。)ただ、将来全面的に有料化が検討されているので、まだの方は急いで登録を済ませましょう。(本家のアメリカのYahoo!では完全有料化された上に、一回のみではなく毎年300ドルを払わないと登録が抹消されてしまいます。)

  余談ですが、Yahooは、Yet Another Hierarchical Officious Oracleの略です。

© 2003年2月