ホームトピック一覧Stickiness(スティッキーネス)について

Stickiness(スティッキーネス)について

  「Stickiness」(粘着度)と言う言葉を聞いた事が有ると思いますが、人によって、重要と言ったり、無意味と言ったり、意見が分かれているうえに、「Stickiness」の意味すらあいまいなので、白黒はっきりさせます。

  「Stickiness」は、以下の2通りの意味で使用されています。

  1. 訪問者が、あなたのサイトに留まっている時間の長さ
  2. 訪問者が、あなたのサイトに戻ってくる頻度

どちらが正しい使用法かと言うよりも、人によって意味する事が異なると言う事を覚えておいて下さい。

  訪問者が、あなたのサイトに留まっている時間の長さについては、回覧しずらかったり、ページの表示に時間が掛かったりと、サイトの機能性に問題が有っても滞在時間が長くなるので、訪問者が長く留まるサイトが良いサイトと言うわけではありません。例えば、検索エンジンで滞在期間が長いと言う事は、訪問者が目的のサイトを見つけるのに時間が掛かったと言う事なので、利用者が長く滞在する検索エンジンは、良い検索エンジンとは言えません。ですから、訪問者があなたのサイトに留まっている時間の長さについては、特に重要視する必要は有りませんし、長く留まらせる様に努力する必要も有りません。

  しかし、訪問者があなたのサイトに戻ってくる頻度は、サイトの完成度を知る目安になります。再び、検索エンジンを例に挙げると、利用者が頻繁に利用する(頻繁に戻ってくる)検索エンジンは、優れた検索エンジン(優れた検索エンジンなので、頻繁に利用される)と言う事になります。さらに、利用者が頻繁に戻ってくると、商品を売るチャンスが増え、売上げも上がるので、インターネットショップを運営するに当たっては、重要です。

  サイトに戻ってくる頻度のStickinessを向上させるには、メールマガジンを配信するなどして、継続的に利用者とコンタクトを取る事も必要ですが、ウェブサイトに新しいコンテンツを追加する事が非常に効果的です。あなたも、HotmailやYahoo!などの無料メールのサイトに、最も頻繁に訪れているはずです。これは、新着メール(新しいコンテンツ)が有るからです。もし、無料だから、とりあえず開いたアカウントで、誰にもメールアドレスを教えていないなど、新着メール(新しいコンテンツ)が無い事が明らかな場合は、その無料メールサイトに戻らないばかりか、アカウントを開いた事すら忘れてしまいます。同様に、あなたのサイトも、何ヶ月も更新されないままだと利用者の足が遠のき、いずれは忘れられてしまいます。

  新しいコンテンツ追加の方法として、メールマガジンのバックナンバーを随時追加するのが、手っ取り早く有効な方法です。(メールマガジンが、サイトのコンテンツとしてふさわしくない場合は、メールマガジンの内容に問題が有ります。)もちろん、季節に合った商品を集めたページを作ったりと、想像力を働かせて自由に新しいコンテンツを追加して構いません。ただし、新しいコンテンツを追加する以上に撤去する時期が重要です。例えば、母の日用の商品を集めたページを追加した時は、母の日の前に配達できなくなった時点で、そのページを撤去する必要が有ります。母の日用のプレゼントが、母の日の後に届いたのでは利用者は戻ってきてくれません。

  又、新しいコンテンツに「最新」等の目印を付けるとより効果的ですが、この場合もコンテンツが古くなったら目印を外す事が重要です。母の日の様な期日の制約が無い場合は、コンテンツ自体を撤去する必要は有りませんが、何ヶ月も「最新」と目印を付けっぱなしにしておくのは逆効果です。

© 2004年7月