ホームトピック一覧コンテンツが勝負

コンテンツが勝負

  インターネットの利用目的で、メールの送受信やチャットの様な会話関連の目的に次いで多いのが情報の収集なので、情報が豊富なウェブサイトを作成するとインターネット利用者を引き付けられます。しかし、コンテンツの載せ方にちょっとしたコツが有ります。

豊富なトピック

  小説の様な長いコンテンツを一つのページに載せるよりも別々のページに内容の異なった短いコンテンツを載せた方が、検索エンジンからの訪問者を多く得られます。(異なった内容のコンテンツとは言っても、あなたのサイトに関連のある事が必要です。)今日の検索エンジンは、ウェブサイトごとではなく、ページごとの検索結果を表示します。異なったコンテンツを載せたページを数多く作成すると、様々なキーワードの検索結果にいずれかのページが表示される様になり、検索エンジンからの訪問者が増えます。現実には、全てのページが検索結果の上位に表示される訳ではないので、検索エンジンからの訪問者を集めるページもあれば、そうでないページもあります。しかし、コンテンツの豊富なウェブサイトを作成する事は、検索エンジンのアルゴリズムの変更に影響しにくいため、平均的なSEOよりも安定した訪問者を検索エンジンから得られます。

コンテンツの長さ

  個々のコンテンツの長さとしては、60秒、長くても90秒以内で読める長さに止めます。これは、一般の人が、連続して集中できる時間です。文章にすると、1000~1500文字になりますが、これより短くてもかまいません。長ければ長いほど良い文章だと考えがちですが、インターネット利用者は、単刀直入に要点を突いたコンテンツを好みます。

特別な配慮

  あなたのサイトが、若年層や精神的発育遅延者の様に、読解力が平均的成人に満たない利用者を対称にしている場合、短いコンテンツを作成する事がより重要になります。読解力の低い利用者は、同一の文章を読むのにより長い時間を必要とするだけでなく、一般的な利用者はコンテンツを拾い読みしますが、読解力の低い利用者は、拾い読みをせず始めから終わりまで一字一句を読みます。読解力が平均的成人に満たない利用者を対照にしたコンテンツを作成する際には、極力不必要な語句を省く様に心がけてください。

© 2005年12月