ホームトピック一覧インターネットエクスプローラー8との相性

インターネットエクスプローラー8との相性

  インターネットエクスプローラー(IE)7がリリースされた際に、IE6では全く問題の無かったあなたのサイトが、IE7上では正しく表示されず、大変な思いをした人がいると思います。追い撃ちを掛けるかの様に、IE8のベータ版  がリリースされました。ですが、IE7で経験した様な思いはしなくて済みそうです...(?)

新機能

  IE8には、ウェブページとの相性の問題を解決する新たな機能「レンダリングスイッチ」が追加されました。以下のコードをウェブページの「head」セクションに追加するだけで、IE8はIE7と同じ方法(レンダリングエンジン)でページを表示する様になり、IE7で正しく表示されたページは、IE8でも正しく表示される可能性が有ります。

<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=7" />

「注意」headセクションの最初のエントリーとして(<head>のすぐ次に)挿入してしてください。

また、以下の様な利用も可能です。

<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=8;FF=3;OtherUA=4" />

「FF」はファイアーフォックス、「OtherUA」はその他のブラウザーを意味します。ですが、これらのエクステンションは無意味です。ファイアーフォックス等の、IE8に含まれていないレンダリングエンジンを使う様に設定しても、IE8はどうしようもありません。(マイクロソフトが、他のブラウザ−のレンダリングエンジンをIEに追加する事は、まずありません。)

注意点

  X-UA-Compatibleヘッダー導入の前に、以下の項目を検討してください。

  1. X-UA-Compatibleヘッダーはマイクロソフトの社内規格なので、他のブラウザーのデベロッパーが受け入れる事は有りません。
  2. X-UA-Compatibleヘッダーの利用は、他のブラウザ−に問題を生じる事が報告されています。
  3. 現時点では、X-UA-CompatibleヘッダーはIE8(ベータ版)上でも正しく機能していません。
  4. マイクロソフトが、X-UA-Compatibleヘッダーの機能を、将来のIEにも導入する保証はどこにも有りません。

対応策

  個人的には、マイクロソフトの社内規格を導入せず、W3C  の規格を導入した方が、将来、ブラウザ−との相性に関連する問題を最小限にくい止められると思っています。確かに、現在IEは最も利用されているブラウザーですが、IEはネットスケイプの海賊版にすぎず、ファイアーフォックスにブラウザー市場を奪われ続けているので、過剰な対応をしない様に心掛けてください。

© 2008年5月