ホームトピック一覧コンテンツ盗作の対策

コンテンツ盗作の対策

  インターネット上でファイル共有のソフトを利用し著作権物を複製することが問題になっています。音楽や映画だけでなく、あなたのサイトのコンテンツも、不当な複製の対象になります。

実態

  ちょっと驚きの読者もいると思いますが、あなたのコンテンツの一部を検索のキーワードとして検索してみれば、どれくらいあなたのコンテンツが転載されているか簡単に把握できます。盗作される事は、あなたのコンテンツが盗むのに値するほど良い内容と言う事ですが、喜んでばかりはいられません。

著作権法

  (ここでは、インターネットの運営者の視点から見た著作権法についての簡単な説明です。正確な法律の解釈が必要な場合は、弁護士のアドバイスを受けてください。)

  周知の通り、コンテンツの不当な複製は、著作権法で禁止されています。著作権は、創作時に創作者に自動的に発生するので、著作権の取得に特別な手続きを踏む必要はありません。ですが、著作物を登録しておくと、いざ裁判になった際に、あなたが著作権の保有者である事を証明するのに最も有効な手段なリます。自筆の本等の大作は、手数料を払って登録をする価値がありますが、メルマガの様に、いちいち登録するほどの事はないけど、かと言って何もしないのはちょっと心配な物には「貧乏人の著作権」と呼ばれる方法を利用する手もあります。「貧乏人の著作権」とは、著作物のコピーを郵便で自分宛に送り、配達されても未開封のまま取っておき、いざという時に、未開封の封筒の中身が、消印の日付以前に創作されたと証明する方法です。(ですが、この方法が法廷で実際に法廷で利用された事は聞いた事がありません。)

現実

  著作権登録の有無に関わらず、実際問題、インターネット上に掲載されたコンテンツが、不当に複製されない事はありません。よく「無断での転載を禁止します」と注意書きを目にしますが、ユーザーが転載したかったら、注意書きを無視して転載します。でなければ、ファイル共有ソフトの利用が問題になる事はありません。私は、転載を禁止するのではなく、転載を条件付き(私の名前とアドレスの併記)で許可しています。転載されればされるほど、私の知名度も上がり、集客に結びつけるのがねらいです。それでも転載者自身のコンテンツと偽って転載される事があり、不当な転載を100%防止できません。要点は、転載される事を逆手に取って、あなたのサイトの宣伝に繋げる方法を考えだす事です。また、不当な複製にめげず、興味深いコンテンツを書き続ける事も重用です。

© 2008年12月