ホームトピック一覧検索エンジン用のサイトマップ

検索エンジン用のサイトマップ

  Googleから始まった検索エンジン用のサイトマップ(XML Sitemaps)は、今ではsitemaps.org (英語)によって標準が保持され、YahooやMicrosoftにも利用されています。今回は、そのXMLサイトマップの利用価値の説明です。

XMLサイトマップ

  XMLサイトマップは、ウェブサイト上の訪問者が回覧するサイトマップとは異なり、検索エンジンのクローラーが、あなたのサイトを隅々まで回覧できる様にするファイルです。今日のウェブサイトにはフラッシュやAJAXなどの新たな技術が使われている半面、検索エンジンのクローラーは、いまだにテキスト以外のコンテンツを判断する事が不得意です。そのため、ページによっては、クローラーのインデックスに漏れてしまう場合があり、そのインデックス漏れを補うのが、XMLサイトマップです。なお、XMLサイトマップを利用したからといって、検索結果の順位が上がる事はありません。検索エンジンが見つけられなかったページがインデックスされた結果、検索結果に含まれ、検索結果の順位が上がった様に見受けられる場合がある程度です。もちろん検索結果の順位を上げる前にンデックスされる事が大前提なので、おろそかにはできません。

クローラーの目

  先ずは、検索エンジンのクローラーと同じ視点であなたのページを回覧し、クローラーがあなたのサイトの回覧に問題が有るか確認します。それには、Notepad等のテキストエディターで、ファイル名を指定する代わりに、あなたのサイトのURLを指定してページを回覧するのが、手っ取り早い方法です。テキストエディターで見たページは、クローラーが見るページとほぼ同様の物で、テキストエディターで見れないコンテンツは、クローラーでも認識できないと考えてください。例えば、クッキーを指定しないと回覧できないサイトでは、テキストエディター上ではエラー又はJAVAスクリプトだけで、肝心のコンテンツが全く表示されません。テキストエディターはクッキーを受け付けないので、当然の結果ですが、検索エンジンのクローラーもクッキーを受け付けないので、テキストエディターで見たのと同じページしか見れず、せっかく書いたあなたのコンテンツが検索エンジンにインデクスされません。さらに、フラッシュに含まれているリンクの様に、テキストエディターでは見れないリンクも、クローラーは認識できないので、リンク先のページはインテックスされません。この様に、隠れたページがある場合は、XMLサイトマップの導入で、あなたのページをインデックスさせる事ができ、検索結果に含まれる様になります。

更新

  また、検索エンジンはXMLサイトマップに含まれている最新更新日時、更新頻度を元にクロールするので、新しいページが素早くインデックスされます。特に、多数のコンテンツを有し、頻繁に更新されるサイトでは、新しいコンテンツがインデックスされるまでの時間の短縮が、より顕著に表れます。それには、更新したXMLサイトマップを検索エンジンに再通知する事が必要です。ほとんどの人は、XMLサイトマップ作成後、登録をしますが、更新されたXMLサイトマップを検索エンジンに再通知する事を忘れている人が意外と多いので、忘れないように注意してください。

© 2009年1月