ホームトピック一覧口コミでの集客

口コミでの集客

  一般的には、口コミでの集客は、お客が十分満足するサービスを提供して、その経験を知人に話し、その話を聞いた人をお客として得る方法を指します。お客が十分満足するサービスを提供する事は非常に重要ですが、口コミには、それ以上の集客効果が有ります。

変わった商品

  口コミでの集客効果を十二分に発揮するには、人々の間で話題になる様な変わった商品を販売します。例えば、littlemissmatched.comでは、小学4年生ぐらいの女の子を対象に、靴下を販売しています。他の衣料品店と違うのは、柄の違った靴下を、3つ(一足と半分)の様に奇数を一組として販売しているところです。小学4年生ぐらいの女の子が買って、次の日学校に行って先ずするのが、友達に「見てみて私の靴下」と見せびらかす事です。話題が話題を呼んで、一週間もしないうちに、学校中の女の子は左右違った柄の靴下を履いている様になります。対で売られている靴下をバラで販売するだけで、大きな話題を引き起こせるので、ちょっと頭をひねれば、あなたのネットショップ用にも、話題の中心になる商品を見つけられます。

変わった話

  ほとんどの広告では、商品の事を一生懸命説明しますが、口コミでの集客効果を狙う場合は、商品の説明よりも、話題を作り出す方が重要です。近年、北米のヤフーメールのメールボックスの容量が無制限になりましたが、単に、ヤフーから利用者宛に通知が届いただけで、特別話題にならずに終わってしまいました。その半面、グーグルのGmailでは、容量を増加した際に、Gmailのページに、容量アップカウンターを設けました。容量アップカウンターは、メールの機能と全く関係ないので、なんの意味もなさそうですが、刻々と増加していく容量アップカウンターを見る事で、利用者は容量アップが実感できたのと、今までそんな体験がなかった事との相乗効果で、大きな話題になりました。この様に、いまさら何も珍しくない無料メールで、さらに、容量の制限付きで、無制限のヤフーメールと比べれば機能が劣っていても、ちょっとした工夫で高機能な商品よりも大きな話題にさせる事ができます。もちろん、一旦話題になれば、口コミの集客に繋がります。

変わった運営者

  口コミでの集客を得るには、なんと言っても、人々が友人に話したくてうずうずする様な「話題」を提供する事が必要です。それには、重複しますが、話題にするのに値する変わった事をします。他と同じ事をしていたのでは、口コミでの集客に繋がりません。

© 2009年7月