ホームトピック一覧値段の比較

値段の比較

  商品を売るには、消費者に、あなたの商品が「買い得」である事を納得させなければなりません。それには、より高価な商品と比較させますが、比較のさせ方で効果も変わります。

基準

  心理的に、人は、最初に与えられた情報を基準にして、物事を判断します。これを、商品の販売に当てはめると、消費者は、最初に得た商品の値段を基準にして、他の商品の高い安いを判断します。この方法は、テレビでよく見かけます。「この商品が19800円」と言った後に、「さらに、これらの特典をお付けして、今日だけ19800円」と来ます。これは、視聴者に、商品だけと特典付きとを比較させることで、商品の買得感を高めています。

  別の例としては、スティーブジョブズの、iPadお披露目の際の演説が挙げられます。ただiPadの価格を公開したのではなく、価格を発表する前に、「価格は1000ドル以下に設定」と言いながら、背後のスクリーンに999ドルとデカデカと映し出し、その後でiPad価格表を映し出しました。これで、観客は、999ドルとiPadの価格とを比較する事となり、価格帯が499ドルから829ドルのiPadが買い得に感じてしまう様になります。

  また、「価格は1000ドル以下に設定」と言うのがなかなか巧妙です。同様の効果を狙った物で、セール期間中の特別価格と通常価格を併記し、それらの価格を比較させ、お得感を煽る方法があります。しかし、勝手な通常価格を設定する事は法律で禁止されいて、通常価格は、その価格で販売した実績が必要です。しかし、スティーブジョブズの演説での設定価格は、販売効果を狙うためだけに、勝手な値段を設定できます。

利益確保

  通常の価格競争では、利益を削って、他の商店よりも低価格で販売します。利益を削れば、数を売って利益を出さざるをえなくなりますが、その様な薄利多売で儲けられるのは、大規模量販店だけです。利益を確保するために、上記した方法で、他の商店と競わずとも、あなたの商品が買い得であることを消費者に納得させて、販売を促進させられる事を覚えておいてください。

© 2015年5月