ホームトピック一覧問い合わせページ

問い合わせページ

  先月号で、会社紹介ページ  に触れたところ、問い合わせページにつての質問が寄せられたので、今回は、問い合わせページについて説明します。

必要性

  問い合わせページも、会社紹介ページ同様、売上に大きな影響をもたらす重要なページです。消費者にとって、注文に何か問題が起きた時に、その問題を解決してくれる人と連絡が取れるかどうかは、大きな関心事です。また、問い合わせを受けた際には、顧客の様々な情報が得られるので、あなたにとても、非常に価値の有るページです。

誘発

  問い合わせページに載せる内容ですが、あなたのサイトの目的によって異なります。まず、あなたのサイトの目的が、コンサルティング業などで、取り合えずお客に問い合わせをしてもらい、そこから契約に持ち込む事であるのなら、電話、チャット、フォームメールなどの問い合わせ方法の中から、どれか一つに限定して、問い合わせページに載せます。問い合わせ方法の選択肢が少ない方が、問い合わせ件数が増える事が、以前から複数のテストによって確認されています。

ニーズに対応

  次に、あなたのサイトの目的が、商品の販売であって、通常は問い合わせの必要がなく、ウェブサイトで対応できない場合のみ、顧客が問い合わせをするのであれば、電話、チャット、メール、郵便等、なるべく多くの問い合わせ方法を載せ、多様なお客のニーズに対応できる様にします。さらに、販売、アフターサービスなど、複数の部署、または支店が有る場合には、部署または支社への、直通の連絡方法も記載し、利用者の便宜を図ります。

付加情報

  なお、問い合わせ方法以外で、問い合わせページに欠かせない物が2つ有ります。一つは、営業時間です。忘れられている場合が結構多いでが、電話をしたら営業時間外で留守電だったりしては、お客の期待を裏切る事になり、売上に悪影響を及ぼします。二つ目は、住所や地図などの、所在地の情報です。たとえ、ネットショップで来店される可能性がなくても、所在地の情報は、お客の信頼を得るのに大きな役割を果たします。

© 2015年12月