ホームトピック一覧商売の存続

商売の存続

  世の中には、何百年も続いている商店もあれば、数年で無くなってしまう商店もあります。いったい何が、商売を末永く繁盛させているのでしょうか。

商店

  ネットショップで一番必要な物は、ウェブサイトです。当然の事にもかかわらず、ウェブサイトの存続を、他人任せにしている人がけっこういます。特に多い例は、ブログです。全てのコンテンツが無料ブログサイト上にしかなく、無料ブログサイトが無くなたら、ブログも一緒に無くなってしまうのが、一般的な物です。これでは、ネットショップを長期に渡って維持していく事はできません。ブログの導入に問題が有る訳ではありませが、導入するなら、不測の事態に備えて、コンテンツのバックアップを取っておくなどの措置が必要です。また、自分のウェブサイトを持たず、amazonや楽天への出品のみに依存する事も問題です。出品先の判断一つが、自分の会社の存続に関わる事もあるからです。出品先の気まぐれの影響を小さくするため、個々の出品先での売上が、全体の売上の5%以下になる様に、自分のサイトでの販売を十分伸ばす事が必要です。

顧客リスト

  既存の顧客をキープするより、新規の顧客を得る方がはるかに多くの費用が掛かるので、顧客リスを保持する事は、商売の鉄則です。さらに、ネットショップでは、メルマガの購読者リストの保持も重要です。近年は、ソーシャルメディアなど、顧客との関係を保つ方法が多様化していますが、メルマガの購読者リストは、100%自分の管理下に置く事のできる媒体です。それなので、外部からの影響を受ずに、顧客との関係を確実に続けられます。

価値

  商売が存続するにあったては、あなたのサイトが提供するサービスや商品が、利用者にとって価値の有る物である事も重要です。逆に言えば、利用者にとって価値の無い商店では、存続し続ける事はありえません。もちろん、儲ける事が全ての商店の目的ですが、利用者にとって価値の有るサービスを提供した見返りが儲けである事を念頭に置いて、日々あなたの商店を運営してください。

© 2016年2月